あなたが悪いわけじゃない|更年期障害を心から追い出す

医者

予防できる症状

頭を抱える女性

更年期障害は、女性に多い病気です。女性誰もが発症する可能性がありますが、必ず全員が発症するわけではありません。全く自覚症状なしに元気に過ごしている人もいます。原因は、女性ホルモンの減少で、年齢とともにエストロゲンというホルモンが減ってくるために起こります。エストロゲンの減少は、加齢によって必ず全員に起こりますが、それによって引き起こされる身体症状には個人差が見られるのです。ほてり、動悸、のぼせ、発汗、めまい、耳鳴り、頭痛、不眠、不安、憂鬱な気持ちなどが現れても、まずは落ち着いてゆっくり休むことが大切です。慌てたり、心配し過ぎたりするのは逆効果で、症状が悪くなることがあります。心をリラックスさせましょう。

更年期障害を軽くするには、日頃からの健康づくりが重要です。バランスのよい食事や適度な運動を心がけるようにします。お酒や趣味は心の栄養として有効です。お酒の飲み過ぎはよくありませんが、適度な飲酒はリラックス効果があります。趣味に没頭するのもよいことで、仲間がいれば有益なコミュニケーションが取れ、さらによいです。体調不良を感じたら独りで我慢せずに、家族や仲間に相談することも必要です。更年期障害になると自宅にこもりきりになる傾向がありますが、ひきこもりから鬱病を発症する危険も高まります。女性医療に詳しい医療機関に相談することも大切です。更年期障害は、心の声を大切にして上手に乗り越えることが肝要です。

積極的なクリニックが多数

患者とナース

世田谷区は在宅医療に協力してくれるクリニックが多く、入院生活から自宅に戻るご家庭も増えています。在宅医療に切り替えると家族もお見舞いのために病院を往復せずに済みますし、患者さん本人も住み慣れた環境で療法できます。在宅医療を選び、不眠トラブルが解消されたケースも報告されています。

この記事を読む

医者に上手にかかるために

病院

平野区にある病院では、症状をはっきり伝えること、礼儀に注意すること、わからないことは積極的に質問するなどし、医師と円滑に意思疎通する努力をすることが的確な診断、治療のためには大切です。病院に行く際は、保険証などの持ち物は忘れないようにします。事前に用意し、普段からまとめておくなど、工夫しましょう。

この記事を読む

女性も気を付けるべき病気

腰痛

大人の女性でも発症するのが鼠径ヘルニアです。特に中高年の女性は、最悪の場合、命に関わる嵌頓という状況になりやすい、大腿ヘルニアを発症するリスクが高いので注意すべきです。鼠径ヘルニアを治すためには、手術が必要です。ただ、安全性は高く、手軽な手術ですので、過度の心配は無用です。

この記事を読む